構造・工法

STRUCTURE

永住にふさわしい、堅牢、強靭な構造・工法。

大切な家族と永く住む家だからこそ、その要となる構造には妥協は出来ません。
「折尾クロステージ」では堅牢・強靭な構造で、安心できる住まいを実現しました。

外壁構造

外壁は厚み150㎜のダブル配筋コンクリート構造で内側に吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材30㎜とプラスターボードを採用し、より断熱性・遮音性を高める構造としました。

給水・給湯システム

錆が発生しない樹脂管と、樹脂管用の継手を採用した分岐工法により、抜群の耐久性を実現。品質性と安全性、どちらも信頼できる配管システムです。

強度な床構造

建物の柱主筋を巻く鉄筋(帯筋)には、溶接閉鎖型フープを採用し、柱の粘り強さを高めています。また、主要構造部である基礎柱・梁に24〜39N/m㎡のコンクリートを採用しました。緻密で劣化しにくい耐久性の高いコンクリートです。

鉄筋コンクリート構造

180kg/㎡(1㎡に180kgの荷物を隙間なく置いた状態)の重さにも耐えられる強度の高い床構造。

溶接閉鎖型フープ・耐久性の高いコンクリート

鉄筋は外気や雨に濡れると酸化するのでアルカリ性のコンクリートでしっかりとガードする必要があります。この鉄筋を覆う厚さを"かぶり厚さ"と呼び、法律で[外壁20mm、その他の部位30mm〜40mm]の厚さが義務づけられています。「折尾クロステージ」は、柱・梁・外壁を30mm〜40mmのかぶり厚さで建物を保護しています。

(断面は階により異なります)

住戸境壁構造

各住戸境の耐力壁は厚み200mm〜300mmのダブル配筋コンクリート構造となっています。シングル配筋に比べて高い構造強度、並びに耐震性を実現しています。

二重天井構造

コンクリート天井に直接照明配線を打ち込んでいないので、照明位置を変える時に便利です。

置床工法

各洋室の床組は、床コンクリートスラブの上にフローリングとベースパネルを置く二重床構造です。ベースパネル受け支柱の足下にあるクッションゴムが振動を吸収します。

※構造図は概念図ですので、形状や色が異なる場合がございます。予めご了承ください。

現地案内図

キャンセル待ち受付中